2013年 10月 31日
大阪市中央区
a0118329_1948435.jpg

いつの間にやら盛んな感じ。
都会には仮装している人もたくさんだそうです。
ワァ~っとなった後、その姿で夜遅くに郊外の自宅に電車で帰っていくのですよね。。。

大阪府大阪市中央区
Canon EOS 5D Mark II
Canon EF28mm F=1.8 USM
[PR]

by daisiweblog | 2013-10-31 19:52 | Digital Color | Comments(8)
Commented by いけみ at 2013-10-31 20:13 x
Trick or Treat ♪
仮装して、一騒ぎして、ひとり帰る電車は
淋しいものがあるでしょうね。
うしし(笑)
Commented by 市民課長 at 2013-10-31 20:29 x
ハロウィンは元々は日本のお盆みたいな風習で、死者の霊が帰ってくるという宗教儀式の筈。
霊界のドアが開いて死者の霊と一緒に悪霊も出てくるから、悪霊にさらわれないように子供達は自分を醜く仮装するのが
本来の姿なのに可愛く仮想してる現状。
神社に初詣に行って、結婚式は教会、不幸があるとお葬式はお寺。
そんな日本にバレンタインデー、クリスマスと並んでキリスト教の風習が金儲けのために使われるようになって。
アタシがご幼少の頃、今は亡き祖父に「ナンでウチにはサンタさん来ないの?」と聞いたら、「ウチは浄土宗だから、
仏教徒から誕生日祝ってもらったらキリストさんが困る」と言われました。
ちなみに12/25は亡き祖母の命日で、有馬記念でアイルトンシンボリから流して大損した日です。
祖母の思い出(?)として、外れ馬券は手帳の栞として今でも使ってます。
Commented by トップロード at 2013-10-31 21:08 x
実にキミらしい発言!
Commented by daisiweblog at 2013-11-01 14:53
*いけみさん
夜遅くの郊外を走る電車内に一人だけ残った仮装した若者がスマホを操作する姿を撮りたいと思っております。
ええ、悪趣味です(笑)
Commented by daisiweblog at 2013-11-01 15:02
*市民課長さん
元々はケルトの収穫を祝うお祭りだったとか。
だから、課長さんのところはハロウィンのお祭りをしても良いんじゃないでしょうか。
太陽が西から昇ることになっても絶対にされないでしょうけど(笑)

宗教行事の本来の目的から外れて、単なるお祭りとして定着させるのはこの国の得意技。
そこに少しでも経済効果が見込めるなら、なおのこと。
なので、今さら驚きません。
気になるのは、あと何年ぐらいしたら、ヒットソングに「ハロウィン」だの「かぼちゃ」だのが出てくるかですね。
すでにあるのかもしれませんけど(^^;
Commented by daisiweblog at 2013-11-01 15:04
*トップロードさん
キミのところの近くだと、ネズミの耳を付けて在来線に乗ってるようなものじゃないかと。
小さい子供ならかわいいけど、20歳そこそこになってると、ちょっとね・・・
Commented by aki at 2013-11-02 22:29 x
うちの子の保育園ではハロウィン会と称する行事がありました。
別に、仮装(ビニール袋にかぼちゃ風の切り抜きをつけて被るだけ)して楽しく過ごすのは
構わないけど、
商業主義のニオイのするルーツ不明の行事が、お盆と正月と同等になっていくことには
違和感を感じます。
バレンタインがチョコレート会社の始めたことなんだよ、ということを、たぶん私はしつこく
息子にたたきこむ、夢のない親になると思います。
Commented by daisiweblog at 2013-11-03 00:51
*akiさん
それは良いことだと思います(^^)
なぜ一般的になりだしたのかよく分かりませんけど、NHKによると1000億円以上の経済効果があるらしいので、「これで大儲けしている人がいるんだよ」と教えてあげてください。
そういう冷静な目が必要だと思います。


<< 八尾市      大阪市中央区 >>