2012年 11月 01日
「スナック美枝」
a0118329_2083755.jpg

ここで書いた5D2のミラーショックですけど、それほどでもないのが分かりました。
というのも、このカメラのシャッター、割とストロークが深めなのです。
加えて、カメラが大きいというか手が小さいというか指が短いというか、とにかく手の大きさとカメラの大きさが合っていないのですね。
だからシャッター・ボタンを押すときに人指し指を伸ばすものだから、しっかり保持できなくてブレる、と。
というわけで、単なる手ブレだったわけなのです。

で、理由が分かったので、どうにかして解決しないといけない。
古いカメラのレリーズ・ケーブルが挿せるシャッター・ボタンならソフト・レリーズ・ボタンなるもの(こんな風に 下から3つ目の写真です)を付けられるのですが、今どきのカメラにはそんな穴はありません。
つらつら検索してみると、価格.comの掲示板がヒットして、その方の真似をして粘着ソフトクッションなるものを買ってきました。
直径9.5mm、高さ3.8mmの小さなものですが、これがちょうど良い大きさでピッタリ。押しやすくなりました(^^)v

と、同時にここで書いたホールディングの悪さも改善。
つまり指を突っ張るから持ちにくかったことも分かりました。

大阪府八尾市
Canon EOS 5D Mark II
Canon EF20-35mm F=3.5-4.5 USM
[PR]

by daisiweblog | 2012-11-01 20:26 | Digital Color | Comments(2)
Commented by いけみ at 2012-11-01 21:35 x
よかったじゃないの〜(^_^)
わたしゃ手がでかいので、X2だと指先でホールドした感じがしていたし
60Dでもグリップが細くて指が余るです。
まぁ、慣れなのでそのまま使っていますけど(笑)
Commented by daisiweblog at 2012-11-01 22:23
*いけみさん
手が大きい分には合わせられるでしょうね。
でも指短いので、突っ張ってちゃんと支えられないんです(^^;
でも4mm弱上げただけでずいぶん変わりました。
それまではシャッター押したときに「あ、ブレた」って自分で分かるぐらいでしたもの。
満足です(^^)


<< (untitled 20121...      (untitled 20121... >>