2012年 04月 01日
(untitled 20120401)
a0118329_1758222.jpg

「遠すぎた橋」という史実を元にした映画があります。
LDからDVD、そしてBDとメディアが変わるたびに買い換えてきたぐらい好きな映画で、2008年には舞台となった場所に行ってきました。
映画ではショーン・コネリーが扮するアーカート将軍が陣を置いたホテルが現在では博物館になっています。
ここから少し離れたところにこの作戦で命を落としたイギリス軍将兵の墓地があって、白い十字架がズラッと並んだフォトジェニックだと思われる場所があるのですが、物見遊山で行くのには憚られたので行きませんでした。

2008年9月
オランダ・ヘルダーラント州Oosterbeek Airborne Museum ‘Hartenstein’
Canon EOS Kiss X2
Canon EF35mm F=2
[PR]

by daisiweblog | 2012-04-01 18:11 | Digital Color | Comments(2)
Commented by いけみ at 2012-04-01 22:10 x
上陸作戦その後の物語ですね。
当時、映画館で見ました(^_^)
豪華キャストが話題の超大作。
おこちゃまだったので‥、記憶には深くないです。
でへへ(笑)
Commented by daisiweblog at 2012-04-02 20:18
*いけみさん
リアルタイムで映画館でご覧になったのですね!
同じころに複数の場所で起こった事件を描く必要があるので、少々ややこしいのですけど、ラストがね・・・
非常に楽観的に立てた作戦で、しかも作戦遂行のために少数意見を黙殺したがために、何千人も死んでしまって、その上「予は概ね満足であるぞ」ですから。
どこの国もエライ人って同じなんだぁと思ったです。


<< (untitled 20120...      (untitled 20120... >>