2012年 01月 25日
大黒南
a0118329_2055060.jpg

その筋に興味のない方からすれば、「何言ってんの?」ってことだと思うんですが、機器と機器を接続するピンコードを交換すると音が変わるんです。
この間から、プリアンプとパワーアンプをつないでいる線を交換して遊んでるんですけど、元々あまり興味のなかった部分なので、手持ちが少ない。
かと言って、「高音質」と謳われているモノを買うような気もない(当然、余裕もない)ので、自分で作ろう!と思って、電線とプラグを買ってきました。
久しぶりの半田付けだったので、少々手間取りましたが、小1時間ほどで出来て、テスターを当てた限りでは大丈夫みたい。
結構楽しかったので、しばらくハマりそうです(^^)

大阪府大阪市浪速区
Ricoh Caplio GX100
[PR]

by daisiweblog | 2012-01-25 20:15 | Digital Color | Comments(2)
Commented by いけみ at 2012-01-25 20:22 x
ふーん、ピンコード一つで音がそんなに変わるの?
手作りの方がいいの?(@_@)
Commented by daisiweblog at 2012-01-25 23:58
*いけみさん
結構変わりますよん。
ギターとかベースとかでも、シールド線変えたら音変わるんじゃないでしょうか。
この変化にハマって抜け出せない人もいるぐらいで。
僕もすでにそうなんですけど、電線病って言うんです(笑)

手作りしたのは、使いたかったのが楽器用のシールド線だったからで、材料代と完成品のお値段の差が大きかったからです(笑)
と言っても、2000円ちょっとと5000円弱ぐらいの差なんですけどね。


<< Cool Struttin&#...      (untitled 20120... >>