2011年 05月 30日
The Endの「Introspection」ってアルバムが良かった
a0118329_2011725.jpg

The End / Dreamworld

先日、ふとしたきっかけで見つけたThe Endってグループの「Instropection」ってアルバム、これがものすごく良かった(上に挙げたのは、そのアルバムの1曲目)。

ビル・ワイマンがプロデュースした69年11月のアルバムで、これがこのグループ唯一のアルバムです。
録音は発売の1年半ほど前だそうで、ジャンルとしては「サイケ・ポップ」ってことになってます。
同じころにアメリカで録音されたサジタリウスとかミレニアムなどのカート・ベッチャーがプロデュースしたものに近いテイスト。
なので、その辺が好きな方にはたまらないと思います。

いやぁ、久しぶりにグッと来ましたわ(^^)

大阪府大阪市浪速区
Ricoh Caplio GX100
[PR]

by daisiweblog | 2011-05-30 20:10 | Digital Color | Comments(4)
Commented by いけみ at 2011-05-31 02:53 x
このバンドは知らなかった(^_^;
サイケかぁ‥、聞いてみると
ドラムのスネアとユルイチューニングのバスドラなど
リズム系がおもしろですね(^_^)
daisiさんは、いろんな所にアンテナを張っていて
えらいね(^_^)
Commented by breath517 at 2011-05-31 18:24
その植木?庭木?がいいですね~。
生活のものと一緒に一列に並べる・・・新しい。好きだ!笑。
Commented by daisiweblog at 2011-05-31 20:02
*いけみさん
僕も知りませんでした(^^;
全っ然売れなかったらしいですわ。
68年にビル・ワイマンが手がけたものなのに、そのころのストーンズとは全然違うのが面白いなぁと思います。
こんなのを聞きながら、NHKで小林旭見て「カッコイイ」と思ってる毎日です(^^)
Commented by daisiweblog at 2011-05-31 20:04
*517さん
自転車、ゴミ箱、植木、窓にすだれってのが良いでしょ?(笑)
しかも植木鉢にはゴミ袋が巻いてあって、ひもで縛られてるという・・・
こんなのに弱いんですよ(笑)


<< (untitled 20110...      知らぬが仏ってなもので・・・ >>